月5万円を積み立てて7000万円の資産を作ろう!インデックスファンドで資産を作る方法

月5万円を積み立てて7000万円の資産を作ろう!インデックスファンドで資産を作る方法
悩める人
貯金していてもお金が全く増えないなぁ。

長い目で見た時に、着実にお金が増える方法って無いかな?

 

今回はこういった疑問にお答えいたします。

 

【本記事の内容】

・時間を味方につけて着実に資産を殖やす方法を解説します。

・月5万円を積み立てて7000万円を受け取る方法について。

・資産の組み合わせ方のコツをご紹介します。

 

それでは、本日は「インデックス投資×時間」で資産を着実に増やす方法をご紹介させていただきます(^o^)



時間を味方につけて資産を殖やしましょう!

 

それでは、はじめに時間を味方につけるというのはどういうことなのかをご紹介させていただきます。

 

まず、サンプルとして現在30歳の人が65歳まで、35年間にわたって資産を運用する場合に、貯金と投資ではどのぐらい変わってくるのかというシュミレーションを以下に記載させていただきます。

 

【月5万円積み立てる場合】

月5万円×35年=合計2100万円が投資した金額となります。

 

貯金の場合 0.001%(年間の利息)

35年後の資産額:2100万3667円

殖えた金額:3667円

 

やはり銀行やゆうちょなどに貯金していては、ほぼ全くと言っていいほど殖えないことがお分かりいただけると思います。

 

パターン②投資をした場合 8%(年間の期待リターン)

35年後の資産額:1億1469万4124円

殖えた金額:9369万4124円

 

年間8%という現実的なリターンで計算しても、35年という長い期間をかけることによって、複利の力でどんどん殖えていくことがおわかりいただけると思います。

 

このように、貯金と投資では35年後の資産にここまで大きな開きが出てきます。時間を見方につけて、資産を殖やすという考え方が重要になりますね。

 

そして、その際に活躍するのが「インデックス投資」という手法です。

 

 

インデックス投資をおすすめする理由は?

 

長期で投資をする場合に、最も重視する必要があるのが安全性です。つまり、ちょっとやそっとで倒産したり、傾くような不安定な投資先だと、安心して投資を続けることができません。

 

それなので、常に市場の平均点を取ることのできるインデックス投資であれば、長い目で見た時に世界経済の成長の恩恵を受けることができ、インフレリスクにも備えることが出来ます。

 

ちなみに、過去200年の資産別のトータルリターンが以下の図になります。

 

出典:『株式投資第4版』(ジェレミー・シーゲル/日経BP社)

 

ご覧いただきますと確認いただけますように、現金で持っていた場合にその価値は、残念ながら10分の1以下に落ちてしまっています。そして、やはり200年という長期で見た場合にも最もリターンが良いのが株式投資です。

 

ということで、株式を安定して持ち続けることができれば、今後も資産を殖やしていくことができる可能性が高いという推測が出来ます。

 

そのために一番いいのは、投資していることを普段は忘れていて、「そういえば投資にお金を回していたな」と思い出すぐらいの感覚のほうが、精神衛生上も良いですので、そういう意味でもインデックス投資は向いていると言えます。

 

インデックス投資の具体的なメリット・デメリットに関しては、以下の記事も参考にしてください。

参考:インデックス投資は儲からない?初心者でも高利回りが狙えるおススメのやり方を紹介!

 

 

どのような資産を組み合わせるべきか?

 

ここまで、長期で安定した投資を行うことが重要で、そのためにインデックス投資が適しているということをご紹介させていただきました。

 

それでは最後に具体的に、どのような組み合わせで資産を分散して、最終的に大きな資産を作ればいいのかということについて解説させていただきます。

 

そして投資をする対象としては、①日本株、②日本債権、③外国株(先進国)、④外国株(新興国)、⑤外国債券を上手く組み合わせることが非常に重要になります。

 

A子さん
えっ、債権って利回りがすごく悪いから、全然もうからないようなイメージだけど違うの?

 

むーち
そうですね。債権はあまり儲かるイメージが無いですが、実はこれらを組み合わせることが重要なんです。

 

 

確かに、債権は株に比べて利回りも低いですし、儲けを取りに行く際に期待値が低いように見えます。しかし、投資リターンを安定させるために債権を組み込むことが非常に重要になるわけです。

 

例えるなら、株は暴れ馬のような性質を持っています。上昇局面では、とてもハツラツとして素晴らしいパフォーマンスを出してくれますが、暴落期にはこれでもかというほど下げてしまいます。

 

そんな時に、なだめ役のように債権が、「まぁまぁ落ち着いて」と言っているような感じで、全体の資産を安定させてくれるわけです。

 

株と債権はよく反対の動きをするといいますが、これらがいいバランスを取ってくれるおかげで、上昇しているときも下落している時にもバランス良く資産を安定させてくれます。つまり株と債権はゴールデンカップルなのです。

 

 

月5万円づつ積み立てて、7000万円を受け取る具体的な方法

 

 

それでは最後に、月5万円づつ積み立てて、最終的に7000万円を受け取る具体的な方法をご紹介させていただきます。

 

今年35歳になる方が65歳までの30年積み立てることにいたします。

 

私でしたら、さきほどご紹介した①日本株、②日本債権、③外国株(先進国)、④外国株(新興国)、⑤外国債券をそれぞれ20%ずつ組み合わせて投資をいたします。

 

その際に気をつけるポイントとしては以下のようになります。

1.それぞれインデックスファンドに投資をすること

2.購入手数料がかからないこと(ノーロードであること)

3.分配金がでないファンドであること

 

これらを組み合わせて、年率8%で運用をすることができれば、最終的に30年後に7451万7972円を受け取ることが出来ます。

 

債権も組み込み、かなり保守的に見積もっておりますので、ある程度安全性は高いと考えられますが、もちろん投資なので、最終的には自己判断でお願いいたします。

 

 

まとめ

 

今回は、月5万円ずつ積み立てて着実に大きな資産を築く方法についてご紹介させていただきました。

 

日本人はどうしても、将来の漠然とした不安のために「貯金」をするといった性質が染み付いているように感じます。

 

しかし、これからは世界に目を向けて、広く浅く投資をすることで、全世界の成長の恩恵を自分でも受けることができます。そして、ここ10年でその方法は非常に身近になっており、とても簡単に行うことができるところまできました。

 

自分の将来を裕福に過ごすためにも、今から始めることをご検討してみてもいいと思います。

 

それでは、みなさん良い副業ライフをお過ごしください(^o^)



error: Content is protected !!