インデックス投資は儲からない?初心者でも高利回りが狙えるおススメのやり方を紹介!

インデックス投資は儲からない?初心者でも高利回りが狙えるおススメのやり方を紹介!
悩める人
インデックス投資って儲かるのかな?

どうやったら安定して高利回りを目指せるのかな?

 

今回はこういった疑問にお答えいたします。

 

【本記事の内容】

・インデックス投資について分かりやすく解説します。

・実際にどれぐらい儲かるのかについて。

・安定して高利回りを得るコツをご紹介します。

 

それでは、本日は全世界の成長に投資できる「インデックス投資」についてご紹介させていただきます(^▽^)/



インデックス投資ってそもそも何なの?

 

まずは、インデックス投資について簡単に解説させていただきます。

 

インデックス投資とは、「市場の動きを表す特定のインデックス(日経平均TOPIXアメリカのダウ指数)と連動した値動きを目指す投資法」のことです。

 

わかりやすく言いますと、日経平均そのものを買っているようなイメージで、日経平均が上がれば資産も増えますし、下がれば資産が減るというような投資法です。

 

つまりインデックス投資とは、市場の平均値と同じような動きを目指す運用方法のことなのです。そして、全世界のこういった指標に投資することが出来るというのが特徴なのです。

 

 

A子さん
でもそれじゃあ、市場の平均を目指すインデックス投資よりも、市場に勝とうとするアクティブ投資の方がいいんじゃないの?

 

むーち
いえいえ、ところがインデックス投資の方が有利な点があるので、次はそれをご紹介させていただきますね。

 

 

 

なぜインデックス投資が有利なの?

 

それでは、インデックス投資の方が有利な点を見ていきたいと思います。

 

①手数料がアクティブファンドに比べて非常に安い。

 

インデックス投資を行っている投資信託である「インデックスファンド」は、アクティブ投資を行っている「アクティブファンド」に比べて運用手数料が非常に安いという特徴があります。

 

アクティブファンドの年間の運用手数料は1%を超えるものが多いです。(中には2%を超える手数料を取るところもあります!)

 

その一方で、インデックスファンドは年間の手数料が0.2%以下のものがあり、ものによっては手数料に5倍以上の開きがあります。

 

そして、この手数料は運用している資産全体に1年ごとにかかってくるため、長期間で運用すると非常に大きな差になってきます。

 

 

②長期で見るとインデックスファンドの方が成績が良い。

 

手数料が高いのですから、運用成績が良くないと納得できませんよね?ところが、現実にはそうなっていない状況があります。

 

データを調べてみると、アクティブ運用で市場平均を上回っている時期も確かにあります。しかし、それは上昇相場の期間だけであり、長期間にわたって市場平均よりも良い成績を残しているアクティブファンドは非常に少ないのが現実です。

 

ほとんどのアクティブファンドは、市場平均かそれ以下の成績を残すことになります。

 

 

というわけで、手数料が安く、アクティブファンドと比べても劣ることのない成績を残すことができるインデックスファンドは、投資のプロではない人には非常に有利な投資法ということができます。

 

 

インデックス投資のデメリットは?

 

それじゃあ、逆にインデックス投資のデメリットはないのかと言いますと、実はあります。

 

それはインデックス投資は、市場の平均を目指すという目標がありますので、資産を一気に2倍3倍にするといった大儲けをすることは期待できないということです。

 

それなので、ハラハラドキドキしながら大きく儲けるといった派手さはなく、地味にほどほどのリターンを得ていくというものになりますので、それを退屈だと感じる人もいると思います。

 

また、インデックス投資は「積み立て」で行う人も多いため、一度どれに投資すると決めた場合には、それほどその後に動かすこともないため、これも退屈というところにつながります。

 

じっくり地道に資産を増やしていくといったスタイルを目指す方に合っている投資法ともいえると思います。

 

 

 

実際にどれぐらいのリターンが期待できるの?

 

それでは、実際にどれぐらいの利回りが期待できるのかをご紹介させていただきます。

 

【10年間の平均リターン】

海外のインデックスファンド:年8~15%程度

日本のインデックスファンド:年6~9%程度

 

もちろん先進国や新興国の違い、小型株と大型株の違いによって期待リターンは変わってきますので、大体期待できるリターンのイメージとしてお考えいただければと思います。

 

例えば、1000万円を20年間にわたって福利運用して、結果的に年8%で運用できたとした場合、20年後には4,660万円になって戻ってきます。年8%だとしても、長期で運用することによって、福利の効果を活かすことが出来ますので、なかなか有効な手法だと思います。

 

 

安定して高利回りを狙う方法は?

 

安定して高利回りを狙うためには商品選びが重要になってきます。つまりは、どういうインデックスファンドを組み合わせるかということです。

 

私のおススメといたしましては、「日本債券」「海外債券」「海外先進国株式」「海外新興国株式」の4つをバランス良く組み合わせることで、リスクとリターンのバランスが良くなると考えています。

 

あえて債権を入れるというのがポイントになりますので、参考にしていただければと思います。

 

 

まとめ

 

さて、本日はインデックス投資についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

 

派手さはないですが、堅実に貯金のような感覚で、じっくり世界中の株などに積み立てていくことができるので、プロではない人が下手に売り買いするよりも、有利な投資法だと思います。

 

ただ、これだけではつまらないという人もいると思いますので、ベースにこのインデックス投資を走らせておいて、その他に少しのお金で自分で楽しみながらアクティブに売買をするというのも良いと思います。

 

みなさんも時間を味方につけて、世界の成長を上手く利用することで、自分の資産を増やすというインデックス投資をご検討いただいてはいかがでしょうか。

 

なお具体的な資産の組み合わせ方などについては以下をご参照ください。

参考:月5万円を積み立てて7000万円の資産を作ろう!インデックスファンドで資産を作る方法 
それでは、みなさん良い副業ライフをお過ごしください(^▽^)/



error: Content is protected !!