仕事が限界になって会社を辞めたいと本気で思ったら【本業以外で月20万円を稼ぐ作戦会議】

仕事が限界になって会社を辞めたいと本気で思ったら【本業以外で月20万円を稼ぐ作戦会議】
悩める人
今の仕事って本当につまらないなぁ。これじゃあ何のために生きているのかわかならいや。

こんな生活があと30年も続くと思うと…でも、仕事やめちゃうと生活できなくなるからなぁ。 

 

今回はこういった悩みを解決する方法をお示しします。

 

【本記事の内容】

・仕事を辞めるための作戦を分かりやすく解説します。

・本業以外で収入を得るための具体的な行動について。

・転職はするべきかについて解説いたします。

 

それでは、今回は仕事を辞めるための作戦会議を一緒にしていきましょう。



仕事が限界。もう辞めたい。

 

いきなりですが、サラリーマンって本当に疲れますよね。日々の仕事に疲弊しきってしまっている人も多いと思います。ただでさえ仕事量が多いのに加えて、人間関係も非常に面倒で疲れますよね。

 

少し前に、新社会人に向けて「入社=懲役40年」という皮肉が流行ったことがありましたが、やってもやっても終わりのこない仕事を70歳近くまでずっとやらされると思うと、刑務所で強制労働をさせられているという気持ちになるのも良くわかります。

 

本日はそんな方に、嫌な会社から脱出して、ストレスから解放された人生を送るための具体的な方法をご紹介させていただきます。

 

 

会社を辞めるために初めにすること

 

まず、会社を辞めるためには、生きていくための収入を確保しなければなりません。勢いでいきなり辞めてしまって、貯金がつきて再就職にでもなったら目も当てられません。戦略的に辞めることが重要になります。

 

そこで、まず決心してほしいことがあります。それは、いつまでに絶対に会社を辞めてやると決意するということです。

 

例えば、2019年3月末までに絶対に会社を辞めると決めるとします。すると不思議と「辞めるためには今何をすればいいんだろう?」と頭が勝手に考え始めるようになります。期日を決めることで、具体的な行動を取ることができるようになります。

 

また、この仕事は死ぬほど嫌だけど、あと1年だと思うと我慢できるという気持ちにもなってきます。この得意先や上司と顔を合わせるのも1年だけだと思うと、永遠と終わりが見えないときよりも、いくらか気持ちが楽になります。

 

というわけで、まず第一ステップとしては、「いつまでに会社を絶対に辞める!」と決めることです。できれば家のカレンダーなどにも書き込んでください。心から思うことが重要です。

 

 

会社を辞めて、他の会社に転職するというのはどうか?

 

結論から言いますと、私は安易に転職することはお勧めしません。もし、「今の会社があまりにもブラックで嫌だけど、やっている仕事内容は休みの日でも進んでやりたいぐらい好き!」という人は、転職をして別の会社に行くのはありだと思います。しかし、そうでない多くの方には正直あまりお勧めできません。

 

なぜ、転職をお勧めしないかというと、転職は基本的に前職の経歴が重要視されます。採用する側としては、新しく入る会社でもあなたがこれまでやってきた仕事の経験を活かして、仕事をしてほしいと考えるためです。

 

つまりは、営業職をしていた人は営業系の仕事に。事務職をしていた人は、事務系の仕事になるのが一般的です。これまでの経験を会社は欲しい訳ですので当然そうなります。経験がない中途の人を雇うのであれば、むしろ新卒を採用した方が変な固定概念もないのでいいのです。

 

実際に、私のように営業が嫌で他の職種を探した場合は、年収が大きく下がってほとんど新入社員と変わらないような金額を提示されるケースも少なくありません。私自身、前職の半分の年収を提示された時はさすがにびっくりしました(;^ω^)

 

中途採用では「経験」が非常に大きなファクターとなるのです。

 

というわけで、現在の職種に満足できていない人は、別の会社に転職したとしても似たような仕事をするか、もしくは別の職種になれたとしても給料の大幅な減少を覚悟しなくてはいけない場合が極めて多いのが現実です。これでは、抜本的な解決にはならないため、安易な転職を私は勧めません。

 

 

 

会社を辞めるための収入づくり

 

それでは、転職ではなく収入を確保したうえで仕事を辞めるためにはどうしたらいいでしょうか?それは、収入の経路を複数持つということです。

 

現在、サラリーマンをされている方は、言い方は悪いですが収入を100%会社に依存していることになります。これでは、財布を完全に握られているのと同じで逃げることはできません。

 

そこで、収入を他のいろいろなところから得ることができて、会社からの収入のパーセンテージを下げることができれば、収入を会社に依存することがないため、辞めてしまっても問題ないということになります。例えば会社からの収入の比率を半分程度に減らすことができれば、もう辞めてしまっても何も怖くないですよね。

 

つまりは、複数の収入経路を持つことで、会社に依存することなく自由に暮らせるようになるということです。

 

具体例を挙げさせていただきます。

 

例えば、現在月25万円稼いでいる人が以下のような副業をした場合を考えてみます。

※参考までに、それぞれのビジネスの詳細のリンクを載せておきます。

 

【副業の収入】

自動販売機:月3万円   ※自動販売機ビジネス

駐車場:月2万円     ※駐車場ビジネス

アフィリエイト:月10万円  ※アフィリエイトビジネス

ガチャガチャ投資:月5万円  ※ガチャガチャビジネス

合計:月20万円

 

これだけで、月20万円の副収入になります。ちなみにここで挙げさせていただいた金額は、準備期間が1年間あれば現実的に狙える金額です。ここまでくれば、本業がなくても普通に生活できるようになります。さらに、本業をしていない時間に、さらにアフィリエイトを充実させたり、他の不労所得を構築するなどすれば、本業を超えてもっと大きな収入を得ることも可能になります。

 

このように1つ1つは小さな収入に見えても、それらを組み合わせることによって、確実に自由への道に近づくことができるのです。ある程度の収入を副業で稼ぎだすことができれば、もう満員電車に乗る必要も、嫌な上司の顔を見る必要もなくなります。そこからは本当に自分の好きな事だけをしていい人生になるのです。

 

ここでは一例をご紹介しましたが、自分が働かなくても稼いでくれる仕組みは他にも、コインロッカーやレンタカー、賃貸不動産など様々な種類があります。いろいろ調べてみて、自分が良いと思ったものを組み合わせて、懲役40年から解放されましょう。

 

 

まとめ

 

さて、本日は仕事を辞めたいと本気で思った場合に、どのようにしたら嫌な仕事を安全に辞められるかということについて作戦会議をしてまいりました。

 

もちろん今回ご紹介した方法以外にも、会社を辞めて起業するなど、様々な方法があると思います。ただし、私が思うのは自分の体を使って働くことを前提にしてしまうと、やはり自分の時間を取られてしまうことになるので、結果的に好きなことを存分にできた人生にすることは難しいと考えています。

 

もし起業をするにしても、自分は最終的にオーナーという立場になって、人に働いてもらって裕福になるということであればいいと思います。それであれば、お金も時間も手に入れることになりますので。

 

みなさまがストレスから解放されて、真の意味で幸せな人生を送られることを祈っております。

 

それでは、良い副業ライフをお過ごしください(^▽^)/



error: Content is protected !!