アフィリエイトってどんな種類があるの?「寝ながら稼ぐ」を目指すなら絶対にこれです!

アフィリエイトってどんな種類があるの?「寝ながら稼ぐ」を目指すなら絶対にこれです!
悩める人
アフィリエイトってどんな種類があるのかな?

今から始めるならどれを選べばいいんだろう?

 

今回はこういった疑問にお答えいたします。

 

【本記事の内容】

・アフィリエイトで稼ぐためのポイントを分かりやすく解説します。

・アフィリエイトの種類とそれぞれの特徴について。

・これから始める人がどれを選ぶべきかを解説します。

 

それでは本日は、「寝ながら稼ぐ」の大本命であるアフィリエイトについて詳しくご紹介させていただきます(^▽^)/



アフィリエイトってそもそも何なの?

 

「アフィリエイト」という言葉は誰しも聞いたことがある人は多いと思います。一言で簡単に説明しますと、アフィリエイトというのは「自分のサイトで、企業の商品やサービスを紹介・販売するビジネス」のことです。

 

自分のブログなどに、企業の広告を貼っておき、訪問者がその広告をクリックしてくれた場合や、広告の先にあるサイトで買い物をしてくれた場合に、報酬としてお金を企業からもらえるという仕組みになっています。

 

それなので、商品の在庫を持つ必要もないですし、販売に直接かかわることなく、手数料としてお金を稼ぐことが可能になります。

 

このアフィリエイトビジネスのポイントは、いかにお客さんが来てくれるようなサイトを作り、集客をすることができるかということにかかっています。

 

 

アフィリエイトは不労所得の大本命?

 

不労所得とは、自分が体を使って働かなくても、仕組みが勝手にお金を稼いでくれるという収入のことです。

 

そして重要なことなのですが、アフィリエイトは一度仕組みを作ってしまえば自動化できるという特徴があります。

 

これは、集客→教育→販売という流れを自分のサイトの中に構築してしまえば、後はほとんど手を加えなくとも自動でお客さんを集めてくれ、販売まで行ってくれるという仕組みを作ることができるということです。

 

私は副業マニアとして、数多くの副業やビジネスなどを見ていますが、初期投資として多くのお金を投入せずに、働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築できる手段は、現実的なものとしてはアフィリエイトしかないと思います。

 

不動産投資や海外定期預金、株の配当なども「寝ていてもお金が入ってくる仕組み」すなわち不労所得ですが、これらは初期投資に多くのお金が必要になります。

 

一方で、アフィリエイトは最初にかかったとしても1~2万円程度で、不労所得の仕組みを構築できる可能性のある、「持たざる者」にとってこれ以上ないビジネスだと言うことができます。

 

実際に、高校を中退した人や、フリーターで何の職歴もない人の中から、年収1億円以上稼ぐ人が出てきているという事実があります。また、統計の話をしますと、3年以上アフィリエイトを続けている人の5人に1人が月100万円以上稼いでいるという結果が出ています。

 

逆に言いますと、アフィリエイトは成果が出てくるまで時間がかかるビジネスでもありますので、稼げるようになるまで辛抱強く仕組み構築を継続できるかということにかかっています。ほとんどの人は、稼げるようになる前に辞めてしまいますので、ここが本当に重要なポイントです。

 

いかかでしょうか。私はいろいろなビジネスがある中でも、アフィリエイトは本気で取り組む価値のあるビジネスだと言えると思います。

 

 

 

アフィリエイトにはどんな種類があるの?

 

それでは、次にアフィリエイトにはいくつか型のようなものがありますので、それぞれの特徴と合わせてご紹介させていただきます。

 

 

1.サイトアフィリエイト

 

サイトアフィリエイトとは、あるジャンルや特定の商品に特化した記事を大量に書き、そのサイトに広告を貼って稼ぐという手法のことです。

 

ある意味、王道と言えるやり方であり、多くの人がこれまでに実績を出されている方法ではあります。ただ、私は今からサイトアフィリエイトを始めるのは危険だと思っています。

 

確かに10年前であれば、このような記事を書いていればGoogleなどの検索でも上位に表示され、このやり方で稼ぐことができました。しかし、現在ではセミプロや会社がライターとして雇っているような人が参入してきているため、上位に表示することが難しくなっているという現実があります。

 

それなので、私個人としては今からサイトアフィリを始めるということはお勧めいたしません。

 

 

2.トレンドアフィリエイト

 

トレンドアフィリエイトとは、話題のキーワードを探して、それについて記事を書きアクセスを爆発的に集める手法のことです。

 

例えば、芸能人のスキャンダルや、ツイッターで話題になった事象などを、誰よりも早く記事にすることで注目を集めることができ、瞬間的に多くのアクセスを集めることができます。

 

ただ、トレンドアフィリエイトの欠点として、その瞬間はアクセスを大量に集めることができますが、そのアクセスは話題によりますが長くても2週間ほどしか持続しないため、アクセス数が安定しないというデメリットがあります。

 

不労所得という観点でも、記事を書く手を止めてしまうと、それで収入がストップしてしまうことから、トレンドアフィリエイトは向いてないと言えます。

 

 

3.ブログメルマガアフィリエイト

 

ブログメルマガアフィリエイトとは、サイトアフィリエイトと形は似ていますが、そのサイトに広告を貼るのではなく、一度メルマガに登録してもらってから、その後にメルマガの中で自分が紹介したい商品をお勧めするという手法になります。

 

メルマガに登録してもらってから商品の宣伝をするというのは、一見回りくどくて遠回りのような気がしますが、実はここが重要なポイントなのです。

 

サイトアフィリエイトのように、ただサイトに広告が貼ってあるだけでは、サイト作成者と訪問者に信頼関係が構築されていないために、そこから買おうとは思わないことが多く成約率は低くなります。

 

一方で、メルマガに登録してもらうということは、「この人の情報は役に立つし、もっと情報が欲しい」と思ってもらっているということになりますので、ただサイトにきてもらった人とは信頼関係のレベルが違います。こういったステップを経ることで、商品購入の成約率が飛躍的に向上するします。

 

というわけで、今から始めるなら私はこの「ブログメルマガアフィリエイト」を圧倒的にお勧めいたします。

 

 

まとめ

 

今回は、アフィリエイトの種類とその特徴についてご紹介させていただきました。

 

それぞれについて、ご紹介させていただきましたが、上述した通りどれも継続して書き続けることができれば、それなりに収益をあげることが可能になります。

 

しかし、不労所得を得るという観点をプラスしますと、やはり「ブログメルマガアフィリエイト」が最も適していると思います。

 

仕組みを構築するまでに時間はかかりますが、初期投資もなくリスクに対してのリターンが極めて高いビジネスになりますので、本気で取り組めば会社員を卒業できる可能性も十分あります。

 

なお、アフィリエイトのジャンル選定に関してはこちらのサイトも参考にしてみてください。

参考:「アフィリエイトで初心者が選ぶべきジャンルは?儲かるジャンルは限られています!

 

それでは、みなさん良い副業ライフをお過ごしください(^▽^)/



error: Content is protected !!