ガチャガチャで副業しよう!収益や設置場所の許可について解説

ガチャガチャで副業しよう!収益や設置場所の許可について解説
悩める人
ガチャガチャをほったらかして儲けられたらいいなぁ。

でも、設置するのに特別な許可とか必要なのかな?

 

今回はこういった疑問にお答えいたします。

 

【本記事の内容】

・ガチャガチャビジネスの概要を分かりやすく解説します。

・オーナーには収益がどれぐらい入るのかについて。

・設置場所の許可や商品選択のコツをご紹介します。

 

それでは、ガチャガチャビジネスについてじっくり見ていきましょう。



ガチャガチャの本体っていくらぐらいするの?

 

みなさんもお馴染みのガチャガチャですが、本体はどのように入手するのでしょうか?

 

実は、本体はネットで購入でき、1台あたり20,000円~40,000前後と意外とお安いです!送料も込みのところが多いですので安心ですね(⌒∇⌒)

 

具体的には、1段タイプのものが22,464円(税込み)

出典:ガチャガチャ・カプセルトイ通販専門店|チャッピー(Chappy)

 

 

2段タイプのものが36,504円(税込み)で購入できます。

出典:ガチャガチャ・カプセルトイ通販専門店|チャッピー(Chappy)

 

 

 

ちなみに中古で買うと5,000円程度から購入することができます。

 

このぐらいの値段で、ほったらかしにしても電気代もかからず稼ぎ続けてくれるのは、なんだかとても優秀な自動販売機だと感じました。

 

ちなみに補充の方法は、上の蓋をとってガチャガチャと商品を入れるだけなので非常に簡単です。

 

 

商品はどこから仕入れるの?

 

それでは、中身の商品はどこから仕入れをするのでしょうか。

 

実はこちらもネット上に、ガチャガチャ用の卸問屋さんがあり、そこから仕入れをすることができます。卸問屋をわざわざ探すことをしなくても、こういったルートを見つけることができて本当に便利な時代になりましたね。

 

3万円以上購入すると送料が無料になるなど、割と良心的なお店が多いですので、一度どういった商品があるのかご覧になることをおすすめいたします(^▽^)/

 

ちなみに、商品の中身はこれにしなくてはいけないといったような規定はとくにありませんので、極論を言いますとオーナーの好みで自由に選ぶことができます。

 

それなので変わり種としては、「昔のお金(古銭)」や、「虫の卵」などがあります。また、売れ残ってしまったガチャガチャを「闇ガチャ」などにして中身が見えないようにして販売してもいいですね(^O^)

 

また、1点だけ注意が必要なのが、「現金(古銭を除く)」や、「金やプラチナ」、「商品券」などといったものは、賭博にあたる可能性が高いですので、これらは入れないようにご注意ください(;^ω^)

 

 

ガチャガチャの収益はどれぐらいなの?

 

中身を自由に決められるというのは、自分のセンスを試されるようで少しワクワクしますね。

 

それでは、実際に副業として考えたときに、オーナーの収益はどれぐらいあるのかをご紹介していきます。

 

ここでは、前述したような変わり種ではなく、通常の商品を仕入れて販売した場合をモデルケースとして記載させていただきます。

 

【収益モデル】

仕入れ:9072円(40個)

販売価格:1個300円(40個で12000円)

収支:12000円(販売価格)ー9072円(仕入れ値)=2928円

 

というわけで、40個すべて売ることができれば2928円の儲けということになります。(1台あたり)

 

個人的には意外と原価率が高い(原価率75.6%)と感じました。やはり商品が売れるかどうかの肝になりますので、ある程度の物を作るとこれぐらいの原価がかかってしまうということなのでしょうね。なお、大量に商品を仕入れることができれば、この原価もこちらより下げることができるようです。

 

他に電気代などなにもかかっていませんので、維持費のリスクは少ないですが、売れ残ってしまわないような商品を見定めることが重要になりそうですね。

 

 

 

設置するために何か許可はいるの?

 

さて、続いて気になってくる点が、ガチャガチャを設置する場合に何か許可や届け出は必要なのかということです。

 

結論から申しますと、私有地に設置する場合には特別な許可は何も必要ありませんので、始めたくなったその時から、本体を購入して営業を開始することができます。

 

ちなみに、自宅に設置する場合は問題ないですが、ショッピングセンターやスーパーの店内にガチャガチャを置かせてもらう場合には当然ながらそのお店の許可が必要になります。

 

お店と交渉する場合には、売り上げの1.5割程度をお店に渡すという条件で交渉すると、お店側は在庫リスクを抱える心配もなく空いている場所を貸すだけですので、スペースを貸してくれる場合が多いようです。

 

そう考えると、自分の利益を確保するためにも、やはり商品の仕入れ価格をもう少し低めに抑えたいところですね(;^ω^)

 

 

商品選択のコツや売れ筋商品は?

 

やはり場所によって選ぶべき商品は変わってきます。

 

例えば、空港に設置するガチャガチャの場合には日本風の商品が好まれます。ミニチュアの郵便ポストや、信号機などクオリティの高い日本土産が200円などリーズナブルに買えるということで好評のようです。

 

一方で、ショッピングモールや回転ずし屋に設置してあるガチャガチャの場合には、子供向けの商品の方が売れ行きがいいです。戦隊シリーズのガチャガチャであったり、キャラクターを中心に構成するとよろしいと思います。

 

他にも、ゲームセンターの中やオタクが多い場所など、その土地に合った商品を選ぶことが求められますので、その土地柄をよく検討することが必要になります。

 

 

まとめ

 

中にはこのビジネスで120台ガチャガチャを設置して月に35万円稼いでいる方もいらっしゃるようなので、上手くやれば半自動でお金を稼ぐことができる仕組みを作れる可能性がありますね。

 

その場合でも売れ筋の商品を見極めることは必ず必要になりますので、無理な在庫をかかえないように始めていただきたいと思います(^O^)

 

それでは良い副業ライフをお過ごしください(^▽^)/



error: Content is protected !!