PickGo(ピックゴー)は評判通り本当に稼げるのか?エリアや収入などについて徹底的に調べてみた。

PickGo(ピックゴー)は評判通り本当に稼げるのか?エリアや収入などについて徹底的に調べてみた。

どうも!副業マニアのむーちです(^▽^)/

 

さて本日は、最近ちまたで話題沸騰中の「PickGo(ピックゴー)」について徹底的に調べてみました。

 

噂では、「労働時間当たりの報酬」が非常に高いという話がちらほら出ていますが、この評判が本当かどうかしっかりと見ていきましょう(*’▽’)



PickGo(ピックゴー)ってそもそも何なの?

 

PickGo(ピックゴー)とは、軽貨物の配送に特化したマッチングサービスのことです。

 

簡単に言いますと、アプリを利用して荷物を届けてほしい人と、荷物を運ぶ仕事がしたい人をつなげるサービスのことなんです。

 

A子さん
そんなのわざわざPickGo(ピックゴー)に頼まなくても、クロネコとか佐川急便とかに頼めばいいじゃないの

 

むーち
いえいえ、ところがみなさんがPickGo(ピックゴー)を使うのには訳があるんです。

 

「荷物を運んでほしい人」がPickGo(ピックゴー)を使う2つの理由

 

1.依頼をするとすぐに運んでくれる人が見つかる。

 

例えば、工事現場で急遽必要な部品などがあった場合に、翌日ではなく当日すぐに荷物を運んでほしいケースがあったとします。

 

そんな時に通常であればバイク便や、緊急配送をしてくれる会社へ何社も何社も電話することになります。

 

しかし、PickGo(ピックゴー)を使えば、平均で2分52秒で運んでくれる人を見つけることができます!

 

さらに一度の依頼でドライバーが確定する確率は98.6%とのことです。

 

とにかくすぐに依頼を受けてくれる人が決定するということで、緊急で何か必要になった時には使いたくなるサービスですよね。

 

2.料金が事前にわかるため安心。

 

急いで届けたい時でも緊急配送に頼む場合には、料金に関しては「かかった時間」で請求されたり、事前に値段がわからないケースが多いのが現状です。

 

しかし、PickGo(ピックゴー)であれば、料金は事前に決定しており、その値段以上は一切かからないため、安心して荷物を届けてもらうことができます。

 

さらに、ドライバーが今どこを走っているのかもアプリで確認することができるため、これも安心につながります。

 

 

 

荷物を運ぶ人のメリットは?

「荷物を運んでほしい人」がPickGo(ピックゴー)を使うメリットはわかりました。

 

それでは、仕事を引き受けて「荷物を運ぶ人」はどんなメリットがあるのかをこれから見ていきましょう。

 

1.自分の好きな時間に働くことができる。

 

通常のバイトなどですと8時~20時などといった形で就業時間がきまっているものですが、PickGo(ピックゴー)では自分が働きたい時に気軽に働くことができます。

 

これは、つまり他の仕事をしている人でも、空いた時間や、ちょうどそっち方面に行く用事があるといった時に、ついでに荷物を届けることによって収入を得ることが可能だということです。

 

2.即日入金してくれる。

 

仕事では、給料は翌月払いというところが多いですが、PickGo(ピックゴー)は働いたその日にお給料を入金してくれます。

 

すぐにお給料が確定してもらえるということはいいですね。

 

3.配送の単価が高い。

 

やはり仕事をしていく上で重要になるのが報酬をたくさんもらえるかどうかですよね。

PickGo(ピックゴー)は給料が高いという評判がありましたが、実際の値段についてみていきましょう。

 

※ちなみにPickGo(ピックゴー)では報酬は「円」ではなく、「pt」という単位で支払われます。そして、この「pt」を「円」として自分の口座に振り込んでもらう際に、10~15%程度の手数料がかかります。

 

実例1:東京都板橋区小茂根 → 東京都足立区千住

報酬額 4,320pt → ¥3,672~3,888円程度

 

実例2:東京都中央区銀座 → 東京都文京区湯島

報酬額 7,398pt → ¥6,288円~6,658円程度

 

実例3:東京都品川区南品川にて8時間チャーター(時間制)

報酬額 17,280pt → ¥14,688円~15,552円程度

 

いかがでしょうか。個人的な意見といたしましては、結構稼げるなという印象でした(^^♪

 

1日に2~3軒程度配送すれば、普通にバイトするよりいいお給料をもらえるような気がします。

 

実際に、副業で月40万円ほど稼がれている方もいらっしゃるようなので、ある程度しっかりやればちゃんと稼げる仕事のようですね(^▽^)

 

PickGo(ピックゴー)を始めるときの注意点は?

 

短時間で、しっかり稼ぐことのできるPickGo(ピックゴー)はやってみる価値があると思えました。

 

ただし、1点だけ注意していただきたいのが、PickGoのドライバーになるためには「貨物軽自動車運送事業」を届け出されている事業用自動車(黒ナンバー車)が必要になるという点です。

 

自家用自動車で配送業務を行うことはできませんので、ご注意ください。

 

ここは少しハードルが高いですね(;^ω^)本気で副業をしたい人か、すでに黒ナンバーの車を持っている人向けの仕事かもしれませんね。

 

 

配送の対象エリアはどうなっているの?

 

今現在、サービス対象エリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都になっています。

 

やはり、首都圏でのニーズが多いようでしたので、対象エリアも都市部になっていますね。

 

エリアは順次、拡大していくとのことでしたので、対象エリアになっていない方は範囲が広がるのを待ちましょう。

 

まとめ

 

というわけで、本日はPickGo(ピックゴー)という仕事について見てきました。

 

報酬が高く、仕事時間も短いので、魅力的な仕事だとは思うのですが、黒ナンバーの車を持っている必要があるという点がちょっと難しいポイントですね。

 

管理人のむーちも、営業で外回りしながら副業できたら最高だと思ったのですが、黒ナンバーじゃないんですよね(;^ω^)

 

定年退職して時間に余裕のある人などは、荷物も軽いものばかりですので向いている仕事だと思います。

 

 

なお、自転車や原付きバイクを使って配送をする方法も「DIAq(ダイヤク)は効率よく稼げる?エリアや収入などについて調べてみた!」で紹介していますのでご参考にしてください。

 

※自転車や原付きバイクであれば、届け出は不要です。

 

 

それでは、みなさん良い副業ライフをお過ごしください(^▽^)/



error: Content is protected !!