就業規則に副業禁止と書いていなければ副業しても大丈夫?

就業規則に副業禁止と書いていなければ副業しても大丈夫?

ようこそ! サイドビジネス推進委員会会長、むーちです。

 

このページに辿り着いたということは、おそらく『副業 + 就業規則』などのキーワードを検索されたんだと思います

 

毎月のサラリーだけでは足りないとお感じになられていること、心中お察しします。私も同じです(;^ω^)



いきなりですが結論から、言わせて下さい。

 

むーち
就業規則に書いていなければ問題なく、副業できます!!! 

 

と、いうことでひとまず安心していただけたかと思いますが、

 

この後、詳しく解説しますので、ご覧いただくとさらに安心してもらえると思います(^▽^)/

 

そもそも就業規則ってどういうものなの?

 

就業規則とは、会社が従業員を雇う時の【ルール】を定めたものです。

 

つまり賃金や、始業や就業時間、退職金に関わる取り決めをまとめたものになります。

 

 というわけで今回知りたいポイントは、このルールの中に【副業】が可能かどうかが書いてあるかが重要になります。

 

「就業規則=会社のルール」なので、ここに記載がなければやっても大丈夫。

 

就業規則とは会社の取り決めなわけですから、ここに記載がなければ副業をしても問題ないということになります。

 

ただ1点、注意していただきたいのは、会社に不利益になるような場合(会社の秘密を他社にもらしたなどの場合)には、当然ながら罰を受ける可能性はありますので、お気を付けください。

 

会社に迷惑をかけないように、副業する分には何にももんだいないっていうことですね(⌒∇⌒)

 

でも、そもそも就業規則を見せて!ということに気が引けます・・・

 

書いてなければ、問題ないことまではわかりました。

 

ただし、そもそも「就業規則を見せてほしい!!」とストレートに言うと、上司や人事部に100%怪しまれますよね(;’∀’)

 

そこで、言い訳の一つとして、

 

「知り合いに少しの間、仕事を手伝ってほしいと頼まれたのですが、気が進まないので会社の『就業規則で禁止されているんです』といって断るためにちょっと見せてほしいんですが」

 

なんていう言い訳は、結構ありかなと思いました(^▽^)/

 

ということで、これからも一緒にガンガン副業に取り組みましょう!!



error: Content is protected !!